テーマ:研究

IARS2015に行ってきました

麻酔領域の臨床研究全般に比重を置いてるIARSにいってきた@ハワイ。 いつもはあえてオアフ島を避けているのだけど、今回は10年ぶりくらいに上陸。 やっぱり、多いですね日本人。 円安にも負けず観光してる人を見てちょっとホッとしました。 最近、プレゼンスがかなり中国にまけてるので頑張ってもらいたいです。 それはそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オトナな新年

しばらく、更新から離れていました。 去年の9月付けでassistant professorになり、生活が臨床中心に一変しました。 先月、「1月アメリカ心臓麻酔学会主催のグラント締め切りがあるから準備をするように。」との指令をボスから拝受。 若手臨床研究家を対象にした研究費は2年で1千万(!)。  1週間かけてプロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい視点

大学院への入学が認められたものの、今まで取ってきた単位の半分しか考慮されないことが判明し、一期二講座体制をこのまま後一年とり続けなければいけないことに。 最終年単位を取らなくてよい分、論文執筆がんばろうと思っていたのですがそうは甘くはありませんでした。 学位取得の意義ですが、海外で外人として生きていく上でのリスクヘッジと考え…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

グラント・ワークショップ

先週、今週、来週と3回に分けて日曜にNIH研究費申請の講習会があります。 基礎・臨床研究推進を猛烈に押し進めている主任教授の意向でしょう。 第一回:NIH Funding Databases; Submission; Review 第二回:NIH Funding Mechanisms:"R" and "K" mecha…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアトルの多国籍軍

「・・・というわけで、今回の研究の狙いはかくかくしかじか、なわけだ。--うまいことやらないとね、医学雑誌に投稿しても『ファック・ユー、おめぇの原稿は載せねーよ』といわれてジ・エンドだから。」 フランス人麻酔科医の『ファック・ユー』は“ふぉっく・ゆぅ”に聞こえるのはなぜだろうと思った。 本年度初!!麻酔科複数部署が集まった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全米麻酔科学会にいって思ったこととか

初の全米麻酔科学会は・・・・バカでかかった! 会員数43000人の全米(そして、たぶん世界)最大の麻酔科学会なので、大きいのは当たり前なのだけど。 そして、印象としては・・・・内容がちょっと薄くなっているような気がする?? 全米集中治療学会と同じく、カバーする範囲があまりにも多岐にわたるので、全体として食い込みが足りな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんな?きいてくれてる?

ASA;エーエスエー American Sightseeing Association (アメリカ観光協会)。 ではなく American Society of Anesthesiologists(アメリカ麻酔科学会) の略です。 世界最大の麻酔学会ですが、今年の開催地はシカゴ! アイオワ留学時代、毎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり、日本の韓国焼き肉の方が、こっちのKorean BBQよりはるかに美味しいと思われること

飛行機にやたら乗っています。 先月モントリオールの学会発表を皮切りに、神戸に飛んで麻酔科専門医試験受験、そして明後日からはシカゴで学会発表。 アメリカの営業マンってこんな生活なんでしょうね。うーん、落ち着かない。。。 そうそう、専門医。実はまだ受けていなかったのです。なんだかんだで、打っちゃっているうちに三十半ばになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学者を目指すモチベーション

東京滞在中に大学院春期の成績が発表されていました。 人生初のダブルA じいちゃん、オラやったよ。。。 ま、単位が取れさえすれば満足なのですが、やはり、勉強会の面々に感謝です。 人生初めての統計の授業(大学時代はまったく勉強しなかった)をまあまあの成績で通過できたことは(しかも、英語で)次へのモチベーシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more