なぜ、"Under Dog"(負け犬)が勝つのか?

更新が途絶えちゃいました。 前にブログを書いてから日本に帰国したり、アメリカに戻ってICUで働いたりと忙しくしていました。 いまは新研修医の教育係をしています。 「こんなこと教えたって、他のスタッフに言っちゃダメだぞ」といいながら、教科書外の麻酔テクをどんどん教えています(笑 さて。 そもそもが気楽に書き進…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新しい視点

大学院への入学が認められたものの、今まで取ってきた単位の半分しか考慮されないことが判明し、一期二講座体制をこのまま後一年とり続けなければいけないことに。 最終年単位を取らなくてよい分、論文執筆がんばろうと思っていたのですがそうは甘くはありませんでした。 学位取得の意義ですが、海外で外人として生きていく上でのリスクヘッジと考え…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初夏

更新が空きすぎました(汗 晴天が増え始め、シアトルもそろそろ天国みたいに快適な夏の到来を感じさせています。 お気に入りのカフェで統計解析中。 6月第一週が大学院の期末試験週間なので各授業のプレゼンが迫っています。。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ臨床&研究報告会

さて、業務連絡です。 今年は6月7日より日本に一時帰国することになりました。 というわけで、恒例の留学報告会をします。 -アメリカの研修システム -研修終了後のクリニカル・フェローのシステム -USMLE受験 -留学を考えている場合、日本でやっておくべきこと -必要となる英会話のレベルと勉強法 -臨床研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラント・ワークショップ

先週、今週、来週と3回に分けて日曜にNIH研究費申請の講習会があります。 基礎・臨床研究推進を猛烈に押し進めている主任教授の意向でしょう。 第一回:NIH Funding Databases; Submission; Review 第二回:NIH Funding Mechanisms:"R" and "K" mecha…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マック・エア

ここ3年使ってきたメビウスが成仏しました。 仕事の95%をPCに依存している身としては由々しき事態。 急遽、PCを買い替えなければいけないことに・・・。 という訳で、購入したのは: 初マックでございます。マックエアでございます。 ジョブズの本も読んでいることだし。 実は、医師人口のマック率…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埃にまみれた英雄

近くのコストコにDVD安売りコーナーがあり、むかしの名画DVDが数多く陳列されています。そこで、毎回DVDを漁っている不審なアジア人は私です。 こうして見ないDVD がどんどん溜まっていく・・・。 そんな映画のひとつがこれ: “アラビアのロレンス” 全編4時間以上の超大作ー。 「壮大な砂漠ロケ」、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ココロの筋肉、つかってますか?

マイミクのしんちゃんが最近、うちの病院に見学に来た。 しんちゃん、お疲れ様でした。 ぼくもかつて、医学生だったころ留学に近づくにはどうすればよいかわからず、闇雲にアメリカに病院見学に行っていたことを思い出した。 自分のころに比べると、(たった15年ほど前のことなのに)ネットが急速に普及して、情報が集めやすくなっている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

情熱のゆくえ

もう、というか、まだ、というか、震災から一年が過ぎましたね。 なくなられた方々に改めてご冥福をお祈りいたします。 つい最近、身内でも不幸がありました。 祖父が肺炎悪化による呼吸不全で先月他界。 享年、なんと・・・99歳の“明治”生まれ。よく、履歴記入欄の生年月日のところに昭和・大正・『明治』とあって、「誰が“明治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人間の条件」- The Human Condition

すごい面白い映画を見た。 小林正樹の「人間の条件」 1959年~1961年の足掛け3年にわたって製作された超大作。 主人公の青年と奥さんの純愛を縦糸にして、数々の人間ドラマを横糸に、舞台は中国、満州国境、シベリアと移っていきます。 まず何がすごいって、人間ドラマの数々。 この映画一本で、いまなら映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年明けましておめでとうございます。

大晦日から元旦の朝にかけて24時間当直をすませ、その足でスノボにいってきたDOCKでございます。 皆様におきましてはよい正月をお過ごしでしょうか? 早くもアメリカ滞在5年目に突入し、日本で麻酔をかけてきた時間とアメリカでのそれが同じになりつつあります。 少しは患者様の役に立てる医者になれたかな?と思う反面、まだまだ青く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コードブルー 4

テイクアウトのタイ料理をぶら下げてマンションに帰宅したのは9時だった。 かばんもおろさずに冷蔵庫の扉を開け、ビール瓶を取り出しふたをはずすと一口グビリとのどに流し込む。 ああ・・・・こわかった。 死ぬかと思ったよorz... カウンターに座って目を閉じると、オペ室での出来事がひとつひとつ短いyoutube映像の様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コードブルー 3

INR5.8。 正常上限の3倍以上の数字。これでは、出血は絶対に止まらない。 あわてて、血小板と新鮮凍結血漿製剤を輸血。 オペ室の総監督がやってきて 「ケイ、ここまでやってくれたから、ついでに手術終わるまでやってくれる?」 『心臓麻酔科医がついたからには安心、安心。('▽`)~~』とばかりに丸投げして去って…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コードブルー 2

心肺蘇生をはじめてから、ずいぶん時間がたってしまった。だんだん、部屋の空気が悲観的になってきているのを肌で感じる。指示を出し始めた行きがかり上、心肺蘇生停止を宣言するのはぼくの役割だ。 担当研修医がすがりつくような目で見つめてくる。 う~ん、責任が重い。 あれ・・・?心電図に変化があった気がするぞ。 しかし、心マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コードブルー 1

二日前の出来事-- コードブルーの放送がかかってオペ室にはいるとそこは戦場だった。 89歳男性の大腿骨頭骨折置換後の修復術中の心停止。 ぼくがオペ室のドアを開けたとき、ちょうど心臓マッサージが始まったところだった。 麻酔機の上のモニター上の心電図は心室細動。 仰向けにされたやせた老人の胸にリズミカルに体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス。

アメリカでは年末・年始休暇というものが存在しない。 そのかわりクリスマス休暇があって、この時期に国民が帰省します。 感謝祭休暇が終わったと思ったら、デパートのクリスマスプレゼント商戦が始まって、なにかと街があわただしくなります。 日本の正月ムードがないのが最初のうちはつらかったけど、最近だんだんなれてきました。 大学院の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

和食博士号

「YUZOGOSHOってなんだ?」って聞かれて一瞬なんのことかわからなかった。。。 ああ、柚子胡椒ねσ(°▽°)σ~~ 最近、シアトルで話題の寿司屋に同僚みんなで行ってきました。 -ある日の職場の会話- 同僚S「寿司を食べたことないんだよねー。」 DOCK「へえ。アメリカでも人気だけどね。」 同僚S「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOEFL勉強法

だいたい、一学期に一回はMPH学位を諦めようと思うDOCKですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 今学期も度重なるプレゼン旅行に加えて小テストを複数すっぽかして、すっかりモチベーションダウン。 「やっぱり、学位あきませんわ。(泣」 と指導医に泣きついてみたものの 「なにいってんの。もう半分単位とり終わったんだから…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

麻酔科専門医受験

もう、年の暮れが迫ってますね。 日本にいるとそろそろ忘年会シーズンが始まって、やがて年末休暇に入るので「ああ、もう一年が終わっちゃうんだな」と年末気分に浸れますが、アメリカでは1月1日が一日休みになって--ハイ、おしまい。あ、もう新年だねって感じでそそくさと仕事の続きに戻ります。 これじゃ、どうも気分が出ない。 そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

攻めは最大の防御

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」 という言葉があります。 海に落ちても助かろうともがかずに、いっそ波に身を任せたほうが状況は打開するものだ。というもののたとえですね。 え?なっとくしない? それなら、もうひとつ。 「切り結ぶ太刀の下こそ地獄なれ、踏み込み行けばあとは極楽」 これは、冒頭の上の句にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more