テーマ:英会話

医療で世界を救うためにはー

以前にも少し書きましたが、組織マネージメントについてです。 学級委員にしろ、大学の自治会にしろ少しでも政治的な人間関係が入り込んでくる役割はことさら避けてこれまでやってきました。 がしかし、最近、そうも言っていられなくなってきました。 学ぶ側から教える側、命令される側から指揮する側に徐々に役割が移りつつあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ココロの筋肉、つかってますか?

マイミクのしんちゃんが最近、うちの病院に見学に来た。 しんちゃん、お疲れ様でした。 ぼくもかつて、医学生だったころ留学に近づくにはどうすればよいかわからず、闇雲にアメリカに病院見学に行っていたことを思い出した。 自分のころに比べると、(たった15年ほど前のことなのに)ネットが急速に普及して、情報が集めやすくなっている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOEFL勉強法

だいたい、一学期に一回はMPH学位を諦めようと思うDOCKですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 今学期も度重なるプレゼン旅行に加えて小テストを複数すっぽかして、すっかりモチベーションダウン。 「やっぱり、学位あきませんわ。(泣」 と指導医に泣きついてみたものの 「なにいってんの。もう半分単位とり終わったんだから…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

バイリンガル

流暢に英語を話す日本人が珍しいらしい。 ぼくが日本で医師をしていたと知ると、たいていの研修医が好奇心をだしていろいろと聞いてくる。 なんでアメリカにきたんですか? やっぱり、文化が違いますか? 日本に旅行に行ったことがありますよ! やはり、外国人医師は珍しいらしい。 そして、先日、韓国人の患者さん…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

名前なに?

あと、もうひとつコーヒーショップで聞かれるのは 「なまえなに?」 経験した人は知っていると思うけど、店が混雑しているとき飲みモノができ次第、その人の名前を呼んでくれるのです。 日本なら、 「○×さんのダブルモカスキムミルクー!!」 と店内で大声で呼ばれるのは恥ずかしいものがあるかもしれないけど、この国のひと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーヒーの部屋

アメリカにきて、何千杯のコーヒーを飲んだだろう? 最初にアメリカに来たとき、いくつか「?」とおもったことがあります。 まず、カフェでドリップコーヒーを頼むと "Do you need room?" と聞かれることがある。 部屋がほしい・・・? (°△°)?? これは、カップめいっぱいまでコーヒーを注い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療現場ですぐに役立つ英会話~悪霊払い~

さて、だれが喜ぶのかわからないこの英会話シリーズ、今回は 「悪霊払い」 です。 医療現場で働いているひとならみんな経験があると思いますが、「しっかりとした根拠がないけど、とりあえずこの治療(検査)を試してみた方がいいと思う」的な状況ってありますよね。 場合によっては、「なんで、この方法を試してみるの?」みたいな質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すぐ役に立つ英会話 “How are ya?”

アメリカに来たばかりのころ、けっこう憂鬱なのが "How are you?" (元気?) これを、一日に60回くらいやり取りする。 エレベーターの中、手術室、廊下・・・。 仕事中で急いでいるんだけれど、毎回、ニカッと笑って "I'm fine thank you,And you?" これも芸がないです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療現場ですぐに役立つ英会話!!

このタイトルで、興味持つひとはかなり限られてくるような・・・(汗 とにかくです! 仕事し始めのとき一番困ったのが、患者さんに点滴刺すときの“間” 針をとりだして、患者さんの腕を伸ばしてもらって、アル綿でふきふき そして、おもむろに針を・・・と思ってると痛いほど突き刺さる視線 この“間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more